[CK-C/TypeC-S] オートパワーオフ(無負荷時自動停止) キャンセラー <カレントキーパー/スリープ防止> USB Type C プラグ-Type C プラグ ショートタイプ

[CK-C/TypeC-S] オートパワーオフ(無負荷時自動停止) キャンセラー <カレントキーパー/スリープ防止> USB Type C プラグ-Type C プラグ ショートタイプ

¥2,280 税込

送料についてはこちら

仕様 ・モバイルバッテリーの無負荷時自動停止(オートパワーオフ)機能を解除するキャンセラー。 ・接続端子は、USB Type-C プラグとUSB Type-C プラグ。 ・キャンセラーの接続方法は中継以外に片側接続のみでも利用可能。 ・充電専用でVBUS/GNDのみの接続です。 (通信機能はありません。PD対応ではありません。) ・片側のプラグ側のみ充電器からの給電が受けられるようになっています。 <接続に方向があります。反対側のプラグを充電器に接続しても給電を受けられません> 説明 殆どモバイルバッテリーには充電が完了すると自動的に給電を停止する「オートパワーオフ機能(無負荷時自動停止機能)」があります。 スマートフォンなどの充電には便利な機能ですが、一般家電・IoT機器・オーディオ機器などで大きな電流を使わないもの、また、電源を切ったり、一時停止などを行いたい場合においては給電が止まってしまうとコネクタを挿し直す必要があるので非常に面倒です。 この「オートパワーオフ キャンセラー」は”定期的に電流を流す回路を内蔵”しており、給電停止を回避させます。 特にArduinoボードなどでモバイルバッテリーを利用する場合に便利です。 このキャンセラーは平均で約7mAを消費します。 また、電流制御は半導体式ですので簡易的に抵抗を使った製品などと比べて低消費で加熱もしません。 モバイルバッテリーは従来の5V出力の製品から20V出力可能なPD対応製品(QC対応製品を含む)まで全てに対応しています。 コネクタはUSB Type-Cプラグと、Type Cプラグを備えていますが、通常の中継させる方法以外にType-CとType-Aの2ポート以上あるモバイルバッテリーに対してType-Aの出力を停止させたくない場合に、Type-Cコネクタにこのキャンセラーを接続させてもType-Aの出力は停止しなくなります。 (全てのモバイルバッテリーにで動作する保証はありません。) 主な仕様 ・線長:約 30cm ・ケースサイズ:4.2cm x2.1cm x1.0cm ・動作電圧:3.6V~20.0V ・許容電流:最大3A ※PD対応ではないので、PDトリガーデバイスなどを接続しても電圧は取り出せません。 ※キャンセラーの作動によりバッテリーなどの表示ランプが定期的に点灯する場合がありますが、 故障ではありません。(そのときに通電しています) ※キャンセラーは全てのモバイルバッテリーで動作する保証はありません。 免責 ※機器によっては破損や事故を招く可能性があります。 ※機器の破損や事故、その他損害についての一切の保証は致しません。 =特許出願中= Amazon販売サイトURL https://www.amazon.co.jp/dp/B0971ZW2SR?ref=myi_title_dp&th=1